概要

全国の修士学生による修士設計・修士論文を集め日本初の全国規模の修士設計・論文展を行った2007年以降、展覧会を存続・発展させながら「トウキョウ建築コレクション」は今回で 15年目を迎えます。

トウキョウ建築コレクションは初年度から一貫して「修士学生の研究をもとに、建築学における分野を超えた議論の場を作り出し、建築業界のみならず社会一般に向けて成果を発信していくこと」 を目標として活動してきました。

テーマ

『順応』

15年目となる今年のトウキョウ建築コレクションでは、「順応」をテーマに掲げました。新型肺炎コロナウイルス発生から 1 年が経ち、その後の状況に“順応”することで、私たち の生活は変化してきました。これに同じような“順応”が建築にもみられます。 建てられた地域、時代によって建築の姿は異なり、個々の建築が敷地条件や社会情勢をくみ取 り色とりどりに順応してきました。 環境や時間の経過が早く感じられる現代社会において、「現状」発生している、「今後」起こ る課題に対して、建築がどのように“順応”していくべきなのかを考える場を目指します。

会期

■全国修士設計・論文展《展示》

日時|2021年 3月2日(火)~3月7日(日)11:00-19:00 初日14:00-/最終日-18:30
場所|代官山ヒルサイドフォーラム

■全国修士設計展 公開審査

日時|2021年 3月7日(日) 10:30-18:00 入場無料
場所|代官山ヒルサイドプラザ

審査員長
岸和郎

審査員
平田晃久(モデレーター)
大西麻貴
小堀哲夫
峯田健

■全国修士論文展 公開審査

日時|2021年3月6日(土) 13:00-18:00 入場無料
場所|代官山ヒルサイドプラザ

審査員長
大原一興

審査員
青井哲人(モデレーター)
飯塚悟
岡部明子
満田衛資

■特別講演

テーマ:「建築とグローバル化」
日時|2021年3月5日(金) 16:00-18:00
場所|代官山ヒルサイドプラザ

登壇者
片桐和也(Katagiri Architecture+Design)     
今村創平(千葉工業大学)
眞田アンテオ太郎(隈研吾建築都市設計事務所)

■企画展

「建築と〇〇の写真展」
日時|2021年3月2日(火)~3月7日(日) 11:00-19:00 初日14:00-/最終日-18:30
場所|エキシビションルーム

■プロジェクト展

日時|2021年3月2日(火)~3月7日(日) 11:00-19:00 初日14:00-/最終日-18:30
場所|エキシビションルーム

会場

・代官山ヒルサイドテラスF棟/ ヒルサイド・フォーラム
(〒150-0033 東京都猿楽町18-8)

・代官山ヒルサイドテラス/ ヒルサイドプラザ
(〒150-0033 東京都猿楽町29-10)

主催

トウキョウ建築コレクション2021実行委員会

お知らせ

トウキョウ建築コレクション2021実行委員募集!!

参加ご希望の方はお気軽にこちらのメールアドレスまでご連絡ください。
詳細はこちらまで
tokore.2021@gmail.com