【結果発表】トウキョウ建築コレクション2021【全国修士設計展・全国修士論文展 】

トウキョウ建築コレクション2021 全国修士設計展 公開討論会
結果情報をお知らせいたします。

全国修士設計展受賞者

【グランプリ1点、審査員賞5点】
グランプリ 「ミスギキノクラ 美杉木倉」
池田友葉(東京藝術大学大学院 環境設計第二研究室)
岸 和郎 賞
平田晃久 賞
「重力と暮らす −豪雪地域における張力構造の住宅の提案−」
工藤滉大(早稲田大学大学院 古谷誠章・藤井由理研究室)
小堀哲夫 賞 「壁のない『修道院』 –圏外からの思考・創作編−」
市原将吾(早稲田大学大学院 小岩正樹研究室)
峯田建 賞 「『流動する大地』 〜700Mのハケの道における新たな公共の提案〜」
山本圭太(早稲田大学大学院 古谷誠章・藤井由理研究室)
大西麻貴 賞 「涵養域をつくる −地中水脈をつなぐ共生のまなざし−」
山地南帆(東京理科大学大学院 垣野義典研究室)
【ファイナリスト】
「Architecture as Architecture 建築の生命性 これからの建築設計手法と建築の存在について」
越智悠(大阪大学大学院 建築・都市人間工学研究室)
「幻塩風景 〜言葉のある風景の研究と実験建築〜」
木村晟洋(東京都市大学大学院 手塚貴晴研究室)
「住みこなされる建築を目指して」
上田春彦(信州大学大学院 羽藤広輔研究室)
「丸子宿の家」
落合諒(東京理科大学大学院 岩岡竜夫研究室)
「文学作品にみられる異界と境界領域 −村上春樹の長編小説を対象として−」
鈴木篤也(名古屋工業大学大学院 藤岡伸子研究室)

全国修士論文展受賞者

【グランプリ1点、審査員賞5点】
グランプリ 「氏子かり帳」に記録される木地師の時空間 ―江戸時代における木地師の所在地とその変遷の空間的分析―」
原田栞(東京藝術大学大学院 光井渉研究室)
大原一興 賞 「人新世時代の鉱山跡地における放擲された空間の特性及び位置付け ―秋田県北鹿地域の実像と環境哲学の議論を交えて―」
富樫遼太(早稲田大学大学院 後藤春彦研究室)
青井哲人 賞 「寺社建築の架構における意匠的操作」
山本瑠以(東京藝術大学大学院 建築理論第一研究室)
岡部明子 賞 「再生砕石を用いた乾式コンクリートの研究」
岩見遙果(慶應義塾大学大学院 松川昌平研究室)
飯塚悟 賞 「床の間からミフラーブへ ―日本のモスク建設にみる在来建築との折衝―」
大場卓(東京大学大学院 林憲吾研究室)
満田衛資 賞 「回転脱着式接合部を用いたレシプロカル・フレームの施工性に関する研究 ―仮設構造物「木雲」を事例としてー」
齋藤拓海(九州大学大学院 末廣香織研究室)
【ファイナリスト】
「メガシティにおける迷惑施設の空間配置に関する研究 ―オープンデータによる地図の作成を手法として―」
寺田亮(東京大学大学院 岡部明子研究室)
「銭湯と「家」:神戸市を事例に」
竹中信乃(東京大学大学院 岡部明子研究室)
「都市周縁部における農地の空間特性に関する研究 ―東京都調布市の農家によるブリコラージュ的実践に着目して―」
畠山亜美(東京大学大学院 川添善行研究室)
「長野県原村別荘地地区への移住プロセスにおける段階的な移住拠点形成に関する研究」
小山晴也(東京大学大学院 大月敏雄研究室)
「沖縄墓地の環境・集合・墳墓の原型と戦後 ―「沖縄的戦後」が墓地にもたらしたもの―」
越中玲衣(明治大学大学院 青井哲人研究室)
『トウキョウ建築コレクション2021 Official Book』を抽選で100名様にプレゼント

締切:2021年4月1日(木)受付分まで
提供:建築資料研究社
⇒ プレゼント申込はこちら

『トウキョウ建築コレクション2021』

大会概要 トウキョウ建築コレクション2021
日時 ■全国修士設計・論文展《展示》
日時|2021年3/2(火)~3/7(日)11:00-19:00(初日は14:00-)
場所|代官山ヒルサイドフォーラム

■全国修士設計展 公開審査
日時|2021年3/7(日)10:30-18:00
場所|代官山ヒルサイドプラザ

■全国修士論文展 公開審査
日時|2021年3/6(土)13:00-18:00
場所|代官山ヒルサイドプラザ

■特別講演
テーマ「建築とグローバル化」
日時|2021年3/5(金)
場所|代官山ヒルサイドプラザ

■プロジェクト展
《展示》
日時|2021年3/2火)~3/7(日)11:00-19:00(初日は14:00-)
場所|エキシビションルーム

公式サイト https://tokore.site
主催 トウキョウ建築コレクション 2021実行委員会

 

トウキョウ建築コレクション公式アカウントです。